警備会社に依頼して犯罪を未然に防ぐ|住まいの安全を守る

一軒家

利点と欠点を知ろう

つみ木の家と鍵

ワイヤレスの防犯カメラはコードを気にすることなく、どこにでも設置できるメリットがあって活用法が広くなっています。しかし注意点もあって、電波の届く範囲を確認すること、定期的に点検することが必要になります。

読んでみよう

お勧めの家庭用の防犯対策

南京錠

ワイヤレスの防犯カメラは設置するにあたり配線工事を必要とせず、設置したその時からすぐに利用することが出来ます。こうした設置の手軽さに加え、安い商品であれば1万円ほどで購入できるというその費用の安さから家庭用の防犯対策として人気となっています。

読んでみよう

防犯対策に便利です

セキュリティ

どこでも取り付け可能

物騒な世の中、そのため一般家庭でも防犯意識が高くなっていて、防犯カメラの取り付けを考える人も多くなっています。防犯カメラというのは設置するだけでトラブルを避ける効果があるのですが、コードを考えるとなかなか良い場所に付けられないといった悩みもあります。そういった時におすすめになってくるのがワイヤレスの防犯カメラで、ワイヤレスはコードがついてなく、電波が届く一定の範囲内ならどこでも設置することができるので便利になります。一般家庭の場合、玄関口に取り付けておくのがもっとも最適であり、しかしコードをつなぐタイプだと電源の位置によっては取り付けられないこともあります。そういった時こそワイヤレスの出番になります。

比較して選ぼう

ただワイヤレスの防犯カメラというと高額で手が届きにくい、そんな不安を抱いている人もいるかもしれません。しかし発売当初はともかくとして、最近は比較的リーズナブルな価格設定となっていますし、少し古いタイプの型ならかなり安くなっているので、試しにつけてみるといった使い方も可能です。注意したい点としてはワイヤレスの場合、電波の届く範囲をしっかりとチェックしておくことで、せっかく取り付けても意味がなかった、そんなことになっては台無しです。コード式の場合は電源に差し込む必要がありそういった不安がないので、ワイヤレスを購入した場合は気を付けてください。ただ使い勝手は格段に良くなるので、防犯対策にはもってこいです。

マンションの防犯対策法

マンションでは防犯カメラ以外にも、出入り口をオートロック式にしたり警備会社に依頼してガードマンを手配してもらったりと様々な方法で防犯対策を行なっています。マンションでは、住人以外にも配達業者や引っ越し業者といったように様々な人が出入りするのです。そのため、ガードマンがいると不審者の侵入を防ぎ、住人も安全に暮らすことができます。住人の安全を守るためにも、警備会社に相談してガードマンを手配してもらうとよいでしょう。

ニーズに合わせた防犯対策

カギ

ワイヤレスタイプの防犯カメラは、配線の取り付けなどの手間もなく、配線も見えないため防犯対策に向いています。データの送受信は他人に読み込まれないようにするために、暗号化すると安心して家を守ることができます。

読んでみよう